更新日:令和2年10月14日

有限会社 トラス(とらす)

オートクレーブ成形に特化!CFRP製品の開発・試作分野で高評価を得ています。

炭素繊維など、宇宙航空関連・輸送機器全般・医療機器・スポーツ分野など様々な分野に活用される「先端複合材料(プリプレグ)」を使用したオートクレーブ成形の分野で、30年以上の実績を有する企業です。「先端複合材料」は、素材の保管~使用状況~成形の工程ごとに“-18℃~180℃”と必要な温度の差が激しいため、冷凍庫・オートクレーブなど専用設備や高度な温度管理が要求されます。研究機関や自動車関連のお客様に向けて「設計・開発・製品・塗装」までを、経験や独自の技術で「軽く・しなやかで・うつくしい」要求仕様に対応してきました。新分野としてCNFなど天然素材「先端複合材料」への取り組みを強化しています。
  • その他成形
  • 切削
  • 切断
  • 接着
  • 塗装(表面処理)
  • 設計
  • モデリング
  • 塗装(外観向上)
  • 金型
  • 医療用機器
  • 自動車部品
  • その他輸送用機器
  • その他プラ製品
  • 繊維品
  • 熱硬化性プラ
  • CFRP
  • CNF
  • 複合材
  • ふじのくにCNF
  • ファルマバレー
  • 受注方針(一品寄り)

得意とする技術

  • オートクレーブ機器
    01オートクレーブ成形法は、炭素繊維複合材(カーボンコンポジット)の特徴である高機能と性能を引き出す成形法ですが、独自のノウハウと成形加工法で現実的な価格で製品の実現が可能です。
  • プロッター
    02先端複合材料プリプレグは、保管をはじめとした管理がとても重要となります。-18度の専用冷凍庫で保管が必要となります。使用日程に合わせ冷凍庫から冷蔵庫に移行し、最適使用温度の保たれた室内で使用します。
  • 設備関係
    03複合材の成形には、必ず型が必要になります。金型・ボード型・樹脂型・プリプレグ型・様々な型を選択し、コストと納期に合わせた設計と製作が可能です。
  • 世界最高峰MotoGPマシン
    04レーシングマシン開発の分野では、軽量化と強さを追求し、過酷な状況下でも性能を発揮し続けるCFRP製品が要求されます。長年レーシングマシン開発に携わった経験を生かした技術力は大きな特長となっています。
  • 製品例
    05進化し続けるレーシングマシン開発の分野は短納期の対応も必要となってきます。この技術を生かし次世代自動車や様々なモビリティの試作製品をたくさん手掛けています。金属との複合成形や接着接合も対応できます。
  • 自社製品
    06カーボンコンポジット製品を、素地の状態でも美しく仕上げられます。さらに美しくするために、独自の下地処理を済ませ、クリア塗装や指定色の塗装にも対応可能です。世界に一つショーレベルの仕上品も製作可能です。
※本サイトは、ビジネスマッチング支援サイトです。自社の製品の広告、販売促進のみを目的とした問合せは御遠慮願います。

主要設備

  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
    冷凍庫 2500X2500 -18℃ 2
    オーブン 600X600X600 50℃〜300℃ 1
    カッティングプロッタ MIMAKI CF3-1631 1
    カッティングプロッタ SHIMA SEIKI P-CAM 1
    サンドブラスト 700X700X1800 1
  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
    塗装ブース 自動車塗装対応 1
    定盤 4000x4000 1
    三次元測定器 東京貿易テクノシステム 1
    オートクレーブ 羽生田1700X3500 0.8Mpa 1
    オートクレーブ 芦田 1200X2000 2.0Mpa 1
  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
    冷凍庫 2500X2500 -18℃ 2
    オーブン 600X600X600 50℃〜300℃ 1
    カッティングプロッタ MIMAKI CF3-1631 1
    カッティングプロッタ SHIMA SEIKI P-CAM 1
    サンドブラスト 700X700X1800 1
    塗装ブース 自動車塗装対応 1
    定盤 4000x4000 1
    三次元測定器 東京貿易テクノシステム 1
    オートクレーブ 羽生田1700X3500 0.8Mpa 1
    オートクレーブ 芦田 1200X2000 2.0Mpa 1

主要取引先業界

  • 自動車・二輪車
  • スポーツ・玩具

その他の技術情報

認証規格
主な特許情報

最近5年以内の開発テーマ

静岡県平成30年度CNF活用試作品開発事業
「CNF・炭素繊維ハイブリッド樹脂材料の開発」

企業データ

URL http://www.tras.co.jp
所在地 〒410-0106
静岡県沼津市志下字北通74番地の4
代表者 代表取締役  新田 正直
会社設立 1990年6月
資本金 12,000千円
従業員数 10名
生産拠点 三島テクニカルセンター(三島市)
BCP
産学官連携実績
地域未来投資促進法関連
試作品開発への対応
受注の方針 一品もの志向だが、量産にも対応する
外部リンク イプロスものづくり - ㈲トラス

特記事項・メッセージ

自社内で完結出来ない新素材への取り組みの場合、研究機関と共同委託研究契約を結び進めていきます。「CNF・炭素繊維ハイブリッド樹脂材料の開発」時は、金沢工業大学革新複合材料研究開発センター(I C C)との共同研究で、素材選択・プロジェクトの方向性・強度試験・解析データをI C Cが担当し、事業を成功させた事例もあります。研究機関との共同研究を進めることで正確性を高め時間の短縮につなげています。