更新日:令和2年10月14日

株式会社増田採種場(ますださいしゅじょう)

95年の歴史で培ったアブラナ科野菜の品種開発技術あり。各企業の商品素材開発が可能

弊社はアブラナ科野菜(キャベツ・ケール・ブロッコリー・芽キャベツ等)の品種開発を主として行っています。キャベツの品種開発では、優れたキャベツ品種が認められ農林水産大臣賞を5回受賞し、ケールでも日本で初となる品種登録を行っております。このようなアブラナ科野菜の品種開発技術は、農家向けの品種開発に止まらず、最近では、食品会社と連携したオリジナル商品用の品種開発に発展しています。さらに、ケールでは機能性表示食品に向く品種開発、安定生産技術も手がけており、品種開発から生産技術まで提供が可能となっております。
  • 設計
  • 健康食品
  • 機能性食品
  • 食品
  • CaOI
  • ChaOI
  • AOI
  • 試作品対応
  • 受注方針(一品寄り)

得意とする技術

  • 交雑育種によるアブラナ科野菜の品種開発
    01交雑育種によるアブラナ科野菜の品種開発技術。オリジナル商品用の品種の開発に活用いただけます。これまでに、カゴメ、ヤクルトヘルスフ-ズ、オタフクソース等の企業に利用いただいてます。
  • GABAを高含有するソフトケールの栽培技術
    02機能性アブラナ科野菜の安定生産技術。GABA等の機能性成分を高含有するアブラナ科野菜の栽培技術の構築に活用いただけます。
※本サイトは、ビジネスマッチング支援サイトです。自社の製品の広告、販売促進のみを目的とした問合せは御遠慮願います。

主要設備

  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数

主要取引先業界

  • 食品・農林・水産

その他の技術情報

認証規格
主な特許情報

特許第6440879号 ケールの栽培方法、及び、ケール収穫物

最近5年以内の開発テーマ

企業データ

URL https://www.masudaseed.co.jp/
所在地 〒438-0817
静岡県磐田市上万能168番2
代表者 代表取締役社長  増田 寛之
会社設立 1981年6月
資本金 10,000千円
従業員数 60名
生産拠点 生産事業部(磐田市)、第1研究所(磐田市)
BCP
産学官連携実績 有り
地域未来投資促進法関連
試作品開発への対応 積極対応可
受注の方針 一品もの志向だが、量産にも対応する
外部リンク AOIフォーラム - (株)増田採種場の「ソフトケールGABA(ギャバ)」が、機能性表示食品として消費者庁に受理されました
スマートジャパン - 静岡県磐田市でスマートアグリのモデルケースを創出へ
日本テレビ - 満天☆青空レストラン #310 ケール@静岡県磐田市 | ロケブログ

特記事項・メッセージ

世界初の非結球芽キャベツの「プチヴェールⓇ」を開発した企業です。
アブラナ科の元祖であるケールの開発も進めており、AOIプロジェクト成果第一号として、GABA含有量の高い「ソフトケールGABA」を開発し、生鮮葉物野菜で全国初の機能性表示食品として消費者庁に受理されました。
FHCaOIプロジェクト戦略検討委員会委員に就任しています。