更新日:令和2年10月14日

株式会社さんわ(さんわ)

緑茶を主体に、選別、乾燥、配合、粉砕、ティーバッグ、小分け設備と技術を備える

緑茶製造メーカーとして昭和16年創立、約80年の歴史で培った製造に関わるノウハウと実績を有します。企業理念【自然の恵みに感謝して、『食』がもたらすあらゆる価値を追求し、豊かな社会の実現に貢献します】を念頭に、近年では緑茶に拘らない原料扱いと、付加価値の創出へ可能性を追求しております。特に「粉砕」における製造技術は、静岡県内では初期に導入した設備により、その技術から健康食品原料などを取り扱う実績に至りました。お客様とモノづくりの設計、プロセスを一緒になって組み上げていく事を得意とし、更なる高度な技術を求めていく所存です。
  • その他環境
  • 評価
  • 設計
  • モデリング
  • 粉砕/裁断
  • 乳化/混合
  • 乾燥
  • 発酵(食品)
  • 殺菌/充填
  • 農産加工品
  • 健康食品
  • 機能性食品
  • 飲料・調味料
  • その他食品
  • 食品
  • ChaOI
  • FSSC22000
  • 試作品対応
  • 受注方針(量産寄り)

得意とする技術

  • 粉砕機(ビーズミル)
    01加工食品原料(乾燥緑茶・桑葉・シモンなど)を、連続式粉砕機による微粉末化(8~30µm)するノウハウを備えます。粉砕時での温度上昇を抑制、製品の色合いへ比較的影響しない製法を行います。
  • ティーバッグ自動包装機
    02緑茶・ほうじ茶・ハーブ茶などの嗜好品、健康食品原料のティーバッグ加工。約1㎜~20㎜の乾燥原料をテトラ型、平型包材へ加工。包装資材メーカーと連携して、用途に応じた材質仕様とコスト提案に強みを持ちます。
  • 火入乾燥機(遠赤外線回転ドラム)
    03緑茶全般の「乾燥」「火入」。経験から得た高い技術により、ニーズに応じた火入れを実現。現在緑茶が主体ですがこの技術を持って、多目的用途に向けた原料にもチャレンジ出来ないか、可能性を探求しています。
  • 自動包装充填機
    04乾燥原料、粉末原料の小分け包装。食品業界に於ける人手不足、オペレーションコストには大きな課題があります。正味10g~1,000g個包装、真空パック、窒素充填により、コストパフォーマンスに提案します。
  • CCDカメラ波高選別
    05設備と経験、技術により、緑茶を主体とした原料の「選別」を得意とします。この技術の応用力を見出して、緑茶以外の選別へ模索中。風力選別、電気選別、色彩選別、CCDカメラ波高選別、金属検出機を保有。
※本サイトは、ビジネスマッチング支援サイトです。自社の製品の広告、販売促進のみを目的とした問合せは御遠慮願います。

主要設備

  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
    粉砕機 連続式ビーズミル機 2
    ティーバッグ包装機 自動包装 内装・個包装加工 1
    乾燥機 遠赤外線回転ドラム 2
    乾燥機 透気式棚型乾燥機 1
    包装機 10g~500g自動包装 2
    計量充填機 10g~1,000g充填 2
    真空・窒素充填機 製品W100×H50×D300mm前後 2
    ウェイトチェッカー 正味0.1g~1000g 3
  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
    風力選別機 送風式、吸引式 2
    電気選別機 帯電量差異の利用 2
    色彩選別機 CCDラインセンサー等 2
    金属検出機 Fe0.8mm Sus2.0mm 落下式(原料) 1
    異物除去機 CCDカメラ波高選別 2
    水分計 ハロゲン式 1
    微生物検査器 ペトリフィルム法 1
    クリーンルーム 弁当及びそうざいの衛生規範レベル 2
  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
    粉砕機 連続式ビーズミル機 2
    ティーバッグ包装機 自動包装 内装・個包装加工 1
    乾燥機 遠赤外線回転ドラム 2
    乾燥機 透気式棚型乾燥機 1
    包装機 10g~500g自動包装 2
    計量充填機 10g~1,000g充填 2
    真空・窒素充填機 製品W100×H50×D300mm前後 2
    ウェイトチェッカー 正味0.1g~1000g 3
    風力選別機 送風式、吸引式 2
    電気選別機 帯電量差異の利用 2
    色彩選別機 CCDラインセンサー等 2
    金属検出機 Fe0.8mm Sus2.0mm 落下式(原料) 1
    異物除去機 CCDカメラ波高選別 2
    水分計 ハロゲン式 1
    微生物検査器 ペトリフィルム法 1
    クリーンルーム 弁当及びそうざいの衛生規範レベル 2

主要取引先業界

  • 食品・農林・水産
  • 介護施設、一般消費者(通信販売)

その他の技術情報

認証規格
  • FSSC22000
  • 有機JAS(加工食品:生産行程管理者)
主な特許情報

最近5年以内の開発テーマ

企業データ

URL http://www.sanwa-tea.com/
所在地 〒421-2112
静岡市葵区遠藤新田251番地の1
代表者 代表取締役社長  石谷 義正
会社設立 1978年2月
資本金 50,000千円
従業員数 16名
生産拠点 本社工場(静岡市葵区)
BCP
産学官連携実績 有り
地域未来投資促進法関連
試作品開発への対応 積極対応可
受注の方針 量産志向だが、一品ものにも対応する
外部リンク

特記事項・メッセージ

日本茶インストラクター4名、乾燥設備作業主任者3名、静岡茶衛生管理者4名