更新日:令和3年4月 5日

三生医薬株式会社(さんしょういやく)

高品質のモノ(製剤)づくりを支える最先端の設備と熟練工の匠の技。

高い製剤技術を活かした、健康食品・医薬品、フレーバーカプセル、ニューアプリケーションのワンストップソリューションサービスの提供を行っています。当社は1993年の創業以来、健康食品・医薬品等の受託製造を行ってまいりましたが、受動的な製造に留まらず、ソフトカプセルやシームレスカプセルの技術開発をベースとしたアプリケーションの開発にも積極的に取り組んでおります。最先端の設備と製造ノウハウを持つ熟練工により、ロットにより性状がばらつき易い天然素材をはじめとした数多くの素材の安定的で高品質な製剤化が得意です。今後は、製剤技術と製造ノウハウを活かし幅広い分野での用途開発も目指しています。
  • その他成形
  • 殺菌/充填
  • 医薬品
  • 化粧品
  • その他化学製品
  • 健康食品
  • 機能性食品
  • 飲料・調味料
  • パルプ・紙加工品
  • 食品
  • 医薬品
  • 化粧品
  • CaOI
  • ChaOI
  • MaOI
  • ファルマバレー
  • 試作品対応
  • 受注方針(量産)

得意とする技術

  • 充填後のソフトカプセルの状態を確認する熟練工
    01【液漏れしやすい内容物のカプセル化】熟練工が生み出す、原料・機械調整、独自の金型設計技術でカプセルの接着阻害要因となる粘質性・ぬめりのある他社が敬遠する内容物でもカプセル化することができます。
  • 通常のソフトカプセルとの崩壊性の比較
    02【崩壊遅延防止カプセル技術】崩壊遅延が起こりやすい素材のカプセル化は、当社の崩壊遅延防止カプセル技術でお客様のニーズにお応え出来ます。
  • 植物性ソフトカプセルの外観
    03【植物性のカプセル技術】世界的にニーズのあるNon Animal製品開発に向けた技術です。海外輸出向けなどのニーズにお応え出来ます。
  • (例)3層シームレスカプセル
    04【効果を長持ちさせる持続性カプセル技術】単一球や多層構造にすることで有効成分を徐々に放出させることができます。当社の強みである多種多様なカプセル製造により組み合わせで多段階放出することも可能です。
  • 本技術により、短時間で水への分散が可能になる
    05【体内吸収向上カプセル技術】ある素材を内容液に配合し、水への分散性を向上させ体内吸収を向上させるカプセル技術です。
  • 腸溶性製剤の崩壊試験の結果
    06【狙ったところに届けるデリバリーカプセル技術】通常は胃で溶けてしまうが、pH に依存して崩壊するカプセル技術で、胃で溶けず、小腸や大腸で溶けるカプセル技術です。
  • (例)耐水性の高いシームレスカプセル
    07【内容物の安定化技術】水に溶けない耐水性皮膜のカプセルに入れることで、有効成分を水や酸素から保護し、安定的に添加することができます。
  • (例)噛んで食べるグミの食感のようなソフトカプセル
    08【嗜好性向上のカプセル技術】皮膜を柔らかくしたり、皮膜や内容液に風味をつけることで味わって食べることができるカプセル技術です。
  • バンドシールカプセル
    09【高気密性ハードカプセル技術】空気の入りやすいカプセルの勘合部をシールするため、酸素バリア性が高く、内容物の安定性に優れています。
※本サイトは、ビジネスマッチング支援サイトです。自社の製品の広告、販売促進のみを目的とした問合せは御遠慮願います。

主要設備

  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
    SC製造設備一式
    包装設備一式
    HC製造設備一式
    SLC製造設備一式
  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
    顆粒製造設備一式
    錠剤製造設備一式
    ADC
  • 設備名 メーカー・型式・能力等 台数
    SC製造設備一式
    包装設備一式
    HC製造設備一式
    SLC製造設備一式
    顆粒製造設備一式
    錠剤製造設備一式
    ADC

主要取引先業界

  • 食品・農林・水産
  • 医薬・製薬

その他の技術情報

認証規格
  • 静岡ミニHACCP、健康食品GMP、cGMP
主な特許情報

特許第6019204号 ソフトカプセル剤
特許第5539621号 カプセル剤皮組成物及びカプセル剤

最近5年以内の開発テーマ

企業データ

URL http://www.sunsho.co.jp/
所在地 〒419-0201
静岡県富士市厚原1468
代表者 代表取締役会長兼社長  石川 泰彦
会社設立 1993年11月
資本金 86,889千円
従業員数 700名
生産拠点 南陵工場(富士宮市)、厚原工場(富士市)、大渕工場(富士市)、久沢工場(富士市)、依田橋工場(富士市)、依田橋第二工場(富士市)、阿幸地工場(富士宮市)、富士根工場(富士宮市)
BCP
産学官連携実績 有り
地域未来投資促進法関連 地域未来牽引企業
試作品開発への対応 積極対応可
受注の方針 量産のみ
外部リンク イプロスものづくり - 三生医薬株式会社
日本経済新聞 - 米カーライルと輸出へかじ カプセルの三生医薬
MARR Online - [マールレポート ~企業ケーススタディ~]2015年3月号 245号

特記事項・メッセージ

SC=ソフトカプセル/HC=ハードカプセル/SLC=シムレスカプセル/ADC=アプリケーションディベロップメントセンター